おでかけ・旅行

忍野八海へ観光に車で行ってきた!駐車場の場所や料金は?

 
観光名所でもある山梨県忍野八海(おしのはっかい)に家族で車に乗って行ってきました。

忍野八海とはいったいどのような場所なのか写真を撮ってきましたので観光紹介していきます。

また駐車場の場所や料金についても見ていきたいと思います。

 

山梨県の忍野八海の場所はどこ?

観光名所として有名な忍野八海は富士山も見える場所に位置した自然豊かなところでした。

時代劇にも使えそうな風景がそこにはありました。

住所は〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草です

地図はこちらです。

ストリートビューでも忍野八海の雰囲気が確認できます。

忍野八海の駐車場の場所や料金

忍野八海の観光スポットには市営や村営の専用の駐車場がないのです。

よって近くにある民間の駐車場を利用することになります。

観光名所だけあって近隣にはたくさんの駐車場がありました。

駐車料金は乗用車で1日300円程度必要ですが時間は無制限ですので安いと言えば安いですね。

大型観光バスは1日1000円~1500円が多いようです。

その駐車場に併設しているお土産屋さんで何か商品を購入すると駐車場代金は無料という場所もありました。

事前に確認は必要ですね。

私たち家族は忍野八海から南へ約200~300mほどの場所にある下記の「ひのでや」という駐車場を利用させてもらいました。

お土産屋さんで商品を買ったので駐車場代は無料でした。

その分、お土産屋さんで1000円ほどの商品を買いました。

返報性の法則を利用されているのでしょうね。

 

忍野八海の観光スポット

駐車場から観光スポットの八海までは約200mほどの距離があります。

その途中にいろいろなお土産屋さんや食べ歩きができる食べ物が販売されているので楽しい雰囲気もありました。

そうすると下記のような泉が見えてきます。

日本名水100選にも選ばれたようで水が透き通っているのがわかるくらいに綺麗です。

池なのかには鯉などの魚さんが泳いでいて上から眺めても綺麗な色が確認できます。

忍野八海

案内看板に書かれているように忍野八海は国指定の天然記念物であるとも書かれています。

よって私たちが行った時にも約6割ほどは外国人の団体旅行客が多かったです。

またこののどかな八海の場所から富士山も見え素晴らしい光景が広がっています。

非日常的な空間と言えるでしょう。

忍野八海

時代劇などで見た事のあるような水車が回っている小屋等もあり都会ではあまり見られないものがたくさん見れました。

また富士山の雪どけ水が泉に注がれている場所(滝)もありマイナスイオンも多く発生していた事で空気も綺麗に感じました。

 

忍野八海まとめ

山梨県にある日本の天然記念物の忍野八海に観光に車で行ってきました!

日本人以上に外国人の方の観光客が大変多かったです。

駐車場は市営や村営の駐車場はなく民間の駐車場を利用することになります。

観光バスも駐車できるような大型駐車場もあり一般車もトータルで100台以上駐車できるスペースがあります!

駐車場に併設したお土産屋さんで商品を購入すると駐車場代金が無料になる場所もありました。(通常は乗用車で1日300円程度です)

また八海という8つの泉は汚れも少なくとてもキレイでありました。

そして富士山と八海とのコラボが特に素晴らしかったのでインスタ映えできそうなポイントもたくさんあり若者にも是非見て欲しいですね。

山梨県や富士山のの近くまで行く機会があれば是非行って欲しい観光スポットの1つです。

2時間もあれば休憩しながら園内をぐるっと一周できるような構造になっています。

忍野八海が紹介されている忍野村のHPがこちらになります↓

忍野八海 | 忍野村公式観光ホームページ

コメント