おでかけ・旅行

北海道ニセコの「神仙沼」をトレッキング【画像あり】

神仙沼

 

北海道のニセコ町をご存じでしょうか。

冬のリゾート地で、スキーやスノーボードが楽しめる観光地として有名です。

「極上のパウダースノー」と呼ばれているサラサラの雪質が人気の理由で、冬場は世界各国から人が集まります。

ここまで読むと、ニセコは冬がメインの場所だと思うかもしれませんが、今回は秋のニセコについて紹介したいと思います。

あまり秋のイメージはないかもしれませんが、秋のニセコも最高なんです。

そんな秋のニセコで、絶対に訪れるべきスポット「神仙沼」についてご紹介します!

スポンサーリンク



 

神仙沼とは

ニセコ山系の中では最も美しく、神秘的な沼と言われています。

海抜750m以上の高原に位置し、多くの湖沼や湿原が広がっているので、トレッキングスポットとして人気のある場所です。

四季折々でその魅力は異なり、それぞれの季節に訪れたくなる魅力があります。

わたしが10月の半ばに訪れた際は、北海道の紅葉のピークは残念ながら終わってしまっていましたが、かすかに色付く木々の様子は見ることができました。

 

神仙沼の場所とアクセスは?

神仙沼へは、公共交通機関でのアクセスがないので、車かバイクでしか行くことができません。

JRニセコ駅から岩内町までの「ニセコパノラマライン」と呼ばれている道道66号線のドライブルートを通りながら行くことができるので、道中のドライブも楽しむことができます。

特に、紅葉シーズンはとても綺麗です。

入口のすぐ近くに駐車場があるので、車から降りたらすぐにトレッキングを開始できます。

また、駐車場の横にはレストハウスもあるので、トレッキング後の疲れを癒せます。

わたしは、トレッキング前の雨宿りとしてレストハウスに立ち寄りましたが、お土産コーナーや飲食が充実していて、とても快適に過ごすことができました。

スポンサーリンク



 

いざ、トレッキング開始!

神仙沼入口と書いてある看板を頼りに、森の中へ入っていきます。

道は舗装されており、板の上を歩くので、特別なシューズや服装でなくても十分歩くことができます。

しかし、歩いても歩いても抜けない山道。

すれ違う人々に「まだまだあるよ!」と励まされ、歩いていきました。

やっと視界が開けたときに、広がっていたのは一面の黄金世界!

神仙沼トレッキング

まるで黄金の絨毯のように、辺り一面を覆いつくしています。

この時点で、歩いた甲斐があった!と感動していました。

しかし、感動するのはまだまだ早かったです。

そこからしばらく続くこの光景。

いつまで見ていても、全く飽きません。

神仙沼トレッキング

そこから少し歩くと、もっと辺りが開けて、周りの木がなくなりました。

まっすぐ続く一本道。

歩いているだけで、まるで絵画の中にでもいるような気分になりました。

そしてついに、スタート地点から歩くこと20分弱。

ようやくたどり着きました。

神仙沼

こちらが神仙沼です!

沼一面が見事な鏡張りで、思わず「すごい!」叫んでしまいました。

雲まで綺麗に水面に反射していて、本当に絶景でした。
(欲を言うなら、もう少し晴れている日に見たかったですが、、。)

この日は少し雨が降っていたので、曇り空でしたが、十分綺麗な景色を見ることができました。

神仙沼

帰りは、来た道と別の湿地帯を歩きましたが、そこがまた綺麗!

神仙沼ほど大きくはありませんが、その小ささにはまた別の良さがありました。

神仙沼

 

秋の神仙沼は神秘的!

景色を楽しみながら歩いていたので、疲れやしんどさは全く感じることなく、最後まで楽しいトレッキングでした。

北海道の自然の壮大さを全身で感じることができ、ニセコの中で行ってよかった場所ナンバーワンになりました。

神仙沼は、秋だけでなく、一年中どの季節でも楽しめる場所になっているので、次はぜひ別の時期に行ってみたいなと思います。

ニセコを訪れた際は、ぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク



コメント